CompoNetのコンフォーマンス試験で必要なものは何でしょうか?

Q&A(コンフォーマンステスト)
05 /27 2015
CompoNetのコンフォーマンス試験で必要なものは何でしょうか?

CompoNetのコンフォーマンス試験では、テストツールの他に、CompoNetと通信を行うためのI/Fボードが必要になります。

このI/Fボードは、CompoNetの通信の解析も行うことができます。

ODVA本部に直接申し込んでいただくか、日本支部にお問い合わせ下さい。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ODVA日本支部 事務局
E-mail:ODVA-TAG.Japan@odva.org
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
スポンサーサイト

EtherNet/IPのコンフォーマンス試験ツール(CT12)のバグ

Q&A(コンフォーマンステスト)
04 /13 2015
EtherNet/IPのコンフォーマンス試験ツール(CT12)のバグ

EtherNet/IPのコンフォーマンス試験ツール(CT12)に以下のバグがあります。

試験では、エラーとなりますが、このエラーは無視して結構です。

1.Type2のResetしかサポートしていないデバイスで、エラーが発生する。
  --> Type2 Reset は、最近仕様に追加されたもので、試験ツールに
     バグがあります。次期のバージョンで修正予定です。

2.Port objectテストのPort Segment Length で エラーが発生する。
  --> Port Segment Length の計算で、Link Addressが奇数の場合に、
     計算間違いをします。
     次期のバージョンで修正予定です。

皆様には、ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ODVA日本支部 事務局
E-mail:ODVA-TAG.Japan@odva.org
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

DeviceNetのスレーブとして機能する製品を開発中ですが、認証試験に関して教えて下さい。

Q&A(コンフォーマンステスト)
08 /22 2014
DeviceNetのスレーブとして機能する製品を開発中ですが、認証試験に関して教えて下さい。

コンフォーマンステストに関するドキュメントは、コンフォーマンステスト用ソフトウェアに添付されています。例えば、DeviceNetのテストツールをインストールした場合の例では、[スタートメニュー] - [ODVA DeviceNet Conformance CT24] を選択すると、表示されるリストに各種ドキュメントがあるのが分かると思います。

例えば、下記のようなドキュメントがあります。(抜粋)
(バージョンによって、異なる場合がありますので注意下さい。最新のバージョンで試験を行う必要があります。)
・ DeviceNet Protocol Test Procedure 
・ CIP Conformance Test Specification
・ CIP DeviceNet Test Specification
・ Sample Test Result Report
・ Physical Layer Tests に関するドキュメント等
・ その他

このうち、Sample Test Result Report が、最終的にODVA本部に送られる試験項目の一覧になります。
(試験機関で、○、×を記入する一覧表)

また、DeviceNet Protocol Test Procedure が、コンフォーマンステスト用ソフトウェアで行うプロトコルテストの手順を記載したものになります。

一度、これらのドキュメントをご覧いただくようにお願いします。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ODVA日本支部 事務局
E-mail:ODVA-TAG.Japan@odva.org
━━━━━━━━━━━━━━━━━━


DeviceNetの通信モジュールをお客様が組み込む場合、弊社の製品はコンフォーマンス試験を受ける必要がありますか?

Q&A(コンフォーマンステスト)
05 /21 2014
DeviceNetの通信モジュールをお客様が組み込む場合、弊社の製品はコンフォーマンス試験を受ける必要がありますか?

【問い合わせ内容】
弊社の製品には、HMS社の通信モジュールを組み込むことが可能になっています。
お客様で、DeviceNetやProfiBusを選択して、実装していただくことが可能です。
このような場合、弊社の製品は、DeviceNetのコンフォーマンス試験を受ける必要があるでしょうか?

【回答】
貴社の製品販売において、DeviceNet対応とうたっていれば、コンフォーマンス試験を受ける必要があります。
もし、貴社の製品が、DeviceNet対応をうたっていなく、お客様の責任でDeviceNet対応にする場合は、貴社の製品はコンフォーマンス試験を受ける必要はありません。
また、当然ですが、お客様がDeviceNetの通信モジュールを組み込んだ後に、DeviceNet対応製品として外部販売する場合には、お客様の方でコンフォーマンス試験を受ける必要があります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ODVA日本支部 事務局
E-mail:ODVA-TAG.Japan@odva.org
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

EDSファイルを変更した場合に、再度、コンフォーマンス試験を受ける必要がありますか?

Q&A(コンフォーマンステスト)
02 /27 2014
EDSファイルを変更した場合に、再度、コンフォーマンス試験を受ける必要がありますか?

機器のファームウエアやCIPのインタフェースに関わるハードウェアなどを変更した場合は、再度、コンフォーマンス試験を受ける必要があります。

EDSファイルの変更だけであれば、コンフォーマンス試験は不要です。

ODVAに新EDSファイルを送付いただければ、ユーザがダウンロード可能なEDSファイルをアップデートします。

(注)ODVAのホームページにて、ユーザがEDSファイルをダウンロードできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ODVA日本支部 事務局
E-mail:ODVA-TAG.Japan@odva.org
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ODVA TAG Japan

ODVA TAG Japan事務局が運営するODVAのブログです。

ODVA TAG Japanのホームページもよろしくお願いします。