弊社が会員かどうかを確認したいのですが?

Q&A(一般)
11 /27 2014
弊社が会員かどうかを確認したいのですが?

ODVAが管理するEtherNet/IPやDeviceNetなどのネットワークを開発・販売するには、各仕様書にもとづいて開発する必要があります。

このためには、ODVA会員になっていただくか、認可ベンダになっていただく必要があります。

認可ベンダは、ODVAの仕様書を購入し、ベンダーIDを保有(毎年の仕様書の更新が必要)しているベンダー様です。

会員は、ODVAの仕様書を購入し、ベンダーIDを保有(毎年の仕様書の更新が必要)し、かつ、毎年、所定の年会費を支払っているベンダー様です。

会員は、仕様書の更新費用やコンフォーマンステスト費用などが、約半額になるほか、仕様を策定するSIGへの参加などが可能になります。

なお、認可ベンダーかどうか(ベンダーID)の確認のためには、こちらをご覧下さい。

また、会員かどうかは、こちらをご覧下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ODVA日本支部 事務局
E-mail:ODVA-TAG.Japan@odva.org
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
スポンサーサイト

ODVAの会員の考え方について教えて下さい

Q&A(一般)
11 /06 2014
ODVAの会員の考え方について教えて下さい

ODVAの会員種別等にに関して、こちらに詳細がのっていますので、参照下さい。

1.会員資格に関して
  ODVAが管理するネットワークを開発・販売するには、以下の2つの資格があります。

  a) 認可ベンダー
    必要なネットワークのベンダーIDを購入し、必要なネットワークの仕様書を購入し、毎年、仕様書の更新費用を支払っていただく形のベンダー様です。
  b) 会員
    上記に加え、毎年 会費を支払っていただく形のベンダー様です。

2.開発後の販売・メンテナンスについて
  上記の会員資格のどちらの場合も、販売中にはベンダーIDの維持が必要です。
  このためには、毎年 仕様書の更新が必要です。
  また、b)の場合は、会費の納入も必要です。
  なお、販売終了後のメンテナンス中でもベンダーIDの維持が必要になります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ODVA日本支部 事務局
E-mail:ODVA-TAG.Japan@odva.org
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

OEM製品もコンフォーマンス試験を受ける必要がありますか?

Q&A(一般)
09 /12 2014
OEM製品もコンフォーマンス試験を受ける必要がありますか?

貴社が他社で開発したODVAの製品(例えば、EtherNet/IPのスレーブ商品)のOEM供給を受ける場合も、コンフォーマンス試験が必要になります。

まず、貴社として、ベンダーIDを取得しEtherNet/IPの仕様書を購読・継続する必要があります。

また、OEM製品のIdentity Object Attribute 1 のベンダーID、Identity Object Attribute 3 のProduct Code、Identity Object Attribute 7 のProduct Name等を貴社のID等に変更が必要です。

このような変更を行った後に、通常の手続きに従い、貴社としてコンフォーマンス試験をODVAに申請して下さい。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ODVA日本支部 事務局
E-mail:ODVA-TAG.Japan@odva.org
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「使用条件に関する契約/Terms of Usage Agreement(TOU)」の書き方サンプルはありますか?

Q&A(一般)
08 /21 2014
「使用条件に関する契約/Terms of Usage Agreement(TOU)」の書き方サンプルはありますか?

新規にベンダーIDを登録する場合や仕様書を購入する場合、また、古いTOUのままだった場合に、新しいTOUを記入し、ODVA本部に提出する必要があります。

TOUの書き方の簡単なサンプルがありますので、ODVA日本支部までお問い合わせ下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ODVA日本支部 事務局
E-mail:ODVA-TAG.Japan@odva.org
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

委託先に開発をしてもらう場合でも、仕様書の購入は必要でしょうか?

Q&A(一般)
08 /07 2014
委託先に開発をしてもらう場合でも、仕様書の購入は必要でしょうか?

貴社が、EtherNet/IP機器として、(開発)・販売する場合には、仕様書の購入と毎年の更新が必須です。

貴社が責任をもって、仕様書に合致した機器を開発・販売することになります。

また、毎年の仕様書の更新が、製品を販売する条件(ベンダーIDの維持に必要)になります。

なお、委託先様の仕様書購入は、必要ありません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ODVA日本支部 事務局
E-mail:ODVA-TAG.Japan@odva.org
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ODVA TAG Japan

ODVA TAG Japan事務局が運営するODVAのブログです。

ODVA TAG Japanのホームページもよろしくお願いします。